みんなへ(大事なお話)

親愛なるYORISOIメンバー全員へ

こんにちは仁です。
YORISOIがリリースして
早6ヶ月経過しました。

旧YORISOIから新YORISOIへ生まれ変わりました。

あっという間に
たくさんの方に参加
頂き、現在は200名以上と
なりました。
(3/8現在)

ここで私から大切なメッセージが
あるので、必ず読んでください。

■私がYORISOIを作った理由

YORISOIには今毎日毎日
たくさんの方のネガティブ投稿
ポジティブ投稿があります。

これは、参加された方から
すれば、そのようなSNSサイトなので
至極当然の事だと思います。

しかし、実際はこの方々の数が
毎日毎日私のLINE@へ直接
メッセージが来ていました。

Aという方を対応していても
翌日にはBという方から
メッセージを頂く。

苦しみは点数などなく
全て1人1人、勇気を出して
カウンセラーに連絡をくれたと
感じ、なるべく、出来る範囲で

私は対応してきました。
しかし、それは、追いつきません。

自分自身が、多忙な事もありますが
やはり、24時間は限られていて、
これ以上、どうしたらいいのか、
どうしたらいいのか、という事が
ずっと続いていました。

私は心の仕組みを理解しています。
自分が無くなっていた状態から
自分を取り戻すプロセスを明確に理解しています。

それは、LINEで対応する時も
同じです。

そして、何かSNSサイトのような
場所を作り、その中で、私が対応すれば
他に苦しんでいる方にとっても
気づきが起こるかもしれない!

そう感じたのが
きっかけです。

その詳しい内容は下記の
YOUTUBEで話しています。

■幸せにならなければ価値が無いのではない

ここが本日、お話ししたい事です。
YORISOIには、本当に、ギリギリで
命に関わるアクション又は、その直前の状態の方が
たくさんおられます。

それは、どこに行ってもダメだと、
病院、心理カウンセリング、占いなど
どこに行けば良いか?わからないギリギリの方が

なんとか、この場所を
見つけてくれたからです。

そして、本当に奇跡のように
毎日毎日、誰かが誰かを支える、
支え合うという、本当に安全な場所に
なりました。

感謝しかありません。
本当に。

ただ、1つだけ重要な事があります。

「最近のネガティブ投稿がどんどん荒れている気がする」
「もう見る事も耐えられない」

というように感じる事です。
この感情は適切です。

仁さんの動画で言うならば
【ネガティブが移っている】
という状態です。

ネガティブな人を助けると共倒れになるのか? https://youtu.be/rB0L9b8yfr4

何にも悪くありません。

このYORISOIは、決して何か
【必ず全員幸せにならなければならない】
という場所ではないという事です。

どこかの学校に習い事を習いに行くと
勉強するために、習い事に行くので

〇勉強を頑張った人が価値があり
〇勉強しなかった人は価値が無い

という例え話をすれば
わかりやすいかもしれません。

このYORISOIは、
何か、

〇必ず幸せにならなければ、
〇勉強しなければ
〇元気にならなければ
〇気づきが起きなければ

という場所では無いという事です。
仁さんは一度もそんな風に誰かに
言う事はありません。

〇何者になってもいい
〇何者にもならなくてもいい

と必ず伝えていきます。
つまり、全員、たちまち既に絶対的有価値があり
どのような状態であれ、無関係という事です。

YORISOIは、そもそも、
ネガティブを吐き出す場所のために
作りました。

そのため、何度でも、深夜何時であっても
どのような投稿でも大丈夫です。

吐き出す事で
バランスを保つ事が出来る場所を
作りたかったからです。

また、今苦しくても
YORISOIに投稿した後にスッキリして
自宅でテレビを見ながら

ポテトチップスを食べる人も
いるかもしれません。

ネガティブな投稿は
その人本人が、絶対的価値のあるその人が
選んだアクションであり、

それは尊重する事です。

ネガティブな投稿がダメ
ポジティブな投稿が良い

という考え方は、
【ありのままの世界を否定】している事と
同じです。

世界はいつの時代でも悲しい出来事
苦しい出来事、残酷なあってはならない出来事が
あります。
もうそれは見るに耐えられない事です。

しかし、では、
そのような出来事があった人は
残酷な出来事が起きた方は

【2度と幸せになってはいけないのか?】

違います。
各自それぞれが、何故かわからないが
このYORISOIにやってきてくれた。

聞けば聞くほど
読めば読むほど、言葉を失うレベルの
残酷な出来事ばかりが毎日毎日
投稿されます。

しかし、仁さんは言う。

「良く今日まで頑張って生きてくれた」
「ここは安全だから。大丈夫だ」

これだけです。
後は、仁さんは時間のある時に
コメントなどで、質問や鏡になってあげる文章を
投稿をしたりします。

苦しみの内容は、全て吐き出してください。
YORISOIは、そういう場所です。

ここが無くなったら
YORISOIが無くなったら
いったい、どのくらいの方が
迷子になってしまうのか。。と感じます。

吐き出す事でバランスを保てるならば
もうそれだけで、十分なのです。

生きてくれているだけで十分なのです。

これからも、YORISOIには
新しいメンバーが参加してくれると
思います。

今のところ締め切りなどは
するつもりはありません。

つまり、YORISOIという場所は、

だんだんポジティブ投稿が増えて行く場所では無いという事です。

何か目的や
何か義務や
何か〇〇しなければならない場所
では無いという事です。

YORISOIに吐き出し続ける。
ありのままでいられる
みんながいる
仁さんが鏡になる

この繰り返しで、
ネガティブが少しでも、解放された時に

【自分で自分を取り戻すチカラを出してくるきっかけ】となる場所がYORISOIです。

風邪で、体調が悪く、化粧も出来ない、
オシャレも出来ない経験を誰もが
経験をした事があるかと思います。

その姿を誰にも見られたくない
元気になったら、お出かけするけど、
ボロボロな状態では、お出かけ出来ないという経験は、誰もがあるかと思います。

この社会は、いわゆる

普通の人
一般的な人
たくさんの人
大多数派

の方達で、形成されています。
これは、抗う事が出来ません。

何をどうお祈りしても
何回神社に行っても、

この社会は、大多数派で、形成されている事は、抗う事が出来ない事実です。

私達少数派にとって、
とても生きづらいのです。

では、少数派は、幸せになってはいけないのか?

違います😌

私達少数派も、無条件でたちまち絶対的な有価値があります。

さらに、世の中の、芸能人、成功者、社長連中のほとんどは、私達と同じ少数派です。

今成功しているであろう方々も、
当然誰にも知られていない、地獄の日々が
あったと思うのです。

このYORISOIは、地獄を生きた、何とかギリギリに生きてくれた人が、
辿り着いた、安全な場所でありたいのです。

つまり、ネガティブ投稿は、
減るべきでは無いという事です。

もし、仁さんが、

「いつまでネガティブ投稿しているの?」
とネガティブ投稿を制限を、かけてしまうと
苦しい吐き出しが出来なくなり、
バランスを保つ事が出来なくなり、

【命に関わるレベルに】なる可能性があるという事です。

つまり、

ネガティブな投稿は、
減ってはならないのです。

ネガティブな投稿が減るという事は、
吐き出しが出来ない場所になっている
という事です。

それでは、YORISOIという場所は
意味が無くなります。

ポジティブ投稿だけをするYORISOIは
YORISOIではありません。

ポジティブな投稿だけしか無い状態は、
みんなご存知の、facebookやインスタだけで十分です。

本当の自分を隠し
泣きながら苦しみながら
ポジティブな写真をアップする、偽りのSNSは、もうみんな経験してきたはず。

YORISOIは、そうなってはいけません。
全ての、ネガティブもポジティブも、
裏も表もありのままでいられる場所。

だから、ネガティブな投稿は減ってはならないのです。

ネガティブ投稿は
【頑張って生きてくれているという証明】
なのです。

これからも、YORISOIメンバーは
増えていくと感じます。

ネガティブも
ポジティブも
全てありのままで良い。

安全な場所にするために、
みんな1人1人が、今日の私の記事の内容を
理解していてください😌

但し、注意事項があります。

苦しいタイミングは、
他人のネガティブな投稿を読んだ時に
【ネガティブが移る】事があります。

これが、YORISOIの唯一のリスクです。
ようやく、ガムテープと向き合っている時に、楽な日が現れた時に、ネガティブが移り、自分自身が苦しくなる事があります。

これは、まだ境界線が出来ていないという証明です。その時は、なるべく、ネガティブ投稿を見ないようにします。

ポジティブ投稿だけを読み、
気分が良い日だけ、ネガティブ投稿を読むという、自分自身のコントロールをお願いします。

以上です。

投稿者 yorisoi運営事務局
YORISOI事務局です。

コメントを書く

YORISOI(新)

ネガティブな感情吐き出し専用SNSサイト

コメント

@peepso_user_73(Ryoko ) すばらしい!!万歳!!
7 月前 7 月前