公開設定について

【公開範囲】について

旧YORISOIでは
会員登録が完了していない状態では

ログインが出来ない
記事を読む事も出来ない
コメントを書く事も出来ない

というサイトでした。

今回の新YORISOIは
Facebookと同じように

公開設定を自由に出来ます。
逆に言うと

公開設定をしっかりと
していない場合は
会員登録をしていない方にも
閲覧可能な状態になります。

公開設定は

●公開
●メンバーだけ
●自分だけ

と3つの選択肢があります。

ご自身で自由に設定してください。

●公開
にした場合はGoogleの検索結果に
インデックスされます。

(例えば、仁さんの記事は
たくさんの方に見て欲しいので
公開にします)

【グループ機能について】

【グループ機能について】

今回の新YORISOIは
単なるネガティブを吐き出す事
気づきが起きた事の他に

グループ機能を作りました。
それには理由があります。

■今後の日本を生きていくためにトータルで守る

今後の日本経済は今の新型コロナウイルスを
きっかけに非常に厳しい局面を
迎える事は明らかです。

これは私が投資関係の仕事を
している事もあり、

私の中では、避けられない局面です。
その流れを受けて、

今までの旧YORISOIの機能だけでは
みんなを守る事は難しいと
感じました。

単なるカウンセリングだけでは
単なる心の仕組みだけでは

苦しんでいる状態の方を
支える事は難しいと判断しました。

そのため、より強い繋がりと
トータルでの支え合いを
必然とします。

■グループ機能は自由に使えます

このトータルで強い繋がりを
持つには、

YORISOIメンバーが
各自の表現を自由に表現出来る
ようにする必要がありました。

つまり、本当の意味での
支えあいです。

私としては

●物々交換グループ
(YORISOIメンバー同士で物々交換が出来る)

●地域別のグループ
(地域別でYORISOIメンバーが固まる事により孤独状態を回避する)

●市役所、福祉関係の手続きグループ
●動画撮影の方法グループ
●小物、アクセサリーの作り方グループ
●お料理教室
●被災地などの生存確認グループ

など、YORISOIメンバーが
メンバー同士で、強い繋がりを持ち
みんなで支え合い、みんなで固まっていく
事を趣旨とします。

そのため、各自は自由にグループを作成してください。

グループ機能は

●誰でも参加
●招待制
●シークレット

などに使い分ける事が出来ます。

■MLM、投資、セミナー告知などは一切禁止

YORISOIはあくまでも
少数派の方のための安全な場所です。

本来のYORISOIコンセプトとは
異なる、ビジネスの勧誘、セミナー告知
一切禁止します。

発見した場合、グループ削除及び
グループ作成者のYORISOIアカウント停止
とします。

みんなへ(大事なお話)

親愛なるYORISOIメンバー全員へ

こんにちは仁です。
YORISOIがリリースして
早6ヶ月経過しました。

旧YORISOIから新YORISOIへ生まれ変わりました。

あっという間に
たくさんの方に参加
頂き、現在は200名以上と
なりました。
(3/8現在)

ここで私から大切なメッセージが
あるので、必ず読んでください。

■私がYORISOIを作った理由

YORISOIには今毎日毎日
たくさんの方のネガティブ投稿
ポジティブ投稿があります。

これは、参加された方から
すれば、そのようなSNSサイトなので
至極当然の事だと思います。

しかし、実際はこの方々の数が
毎日毎日私のLINE@へ直接
メッセージが来ていました。

Aという方を対応していても
翌日にはBという方から
メッセージを頂く。

苦しみは点数などなく
全て1人1人、勇気を出して
カウンセラーに連絡をくれたと
感じ、なるべく、出来る範囲で

私は対応してきました。
しかし、それは、追いつきません。

自分自身が、多忙な事もありますが
やはり、24時間は限られていて、
これ以上、どうしたらいいのか、
どうしたらいいのか、という事が
ずっと続いていました。

私は心の仕組みを理解しています。
自分が無くなっていた状態から
自分を取り戻すプロセスを明確に理解しています。

それは、LINEで対応する時も
同じです。

そして、何かSNSサイトのような
場所を作り、その中で、私が対応すれば
他に苦しんでいる方にとっても
気づきが起こるかもしれない!

そう感じたのが
きっかけです。

その詳しい内容は下記の
YOUTUBEで話しています。

■幸せにならなければ価値が無いのではない

ここが本日、お話ししたい事です。
YORISOIには、本当に、ギリギリで
命に関わるアクション又は、その直前の状態の方が
たくさんおられます。

それは、どこに行ってもダメだと、
病院、心理カウンセリング、占いなど
どこに行けば良いか?わからないギリギリの方が

なんとか、この場所を
見つけてくれたからです。

そして、本当に奇跡のように
毎日毎日、誰かが誰かを支える、
支え合うという、本当に安全な場所に
なりました。

感謝しかありません。
本当に。

ただ、1つだけ重要な事があります。

「最近のネガティブ投稿がどんどん荒れている気がする」
「もう見る事も耐えられない」

というように感じる事です。
この感情は適切です。

仁さんの動画で言うならば
【ネガティブが移っている】
という状態です。

ネガティブな人を助けると共倒れになるのか? https://youtu.be/rB0L9b8yfr4

何にも悪くありません。

このYORISOIは、決して何か
【必ず全員幸せにならなければならない】
という場所ではないという事です。

どこかの学校に習い事を習いに行くと
勉強するために、習い事に行くので

〇勉強を頑張った人が価値があり
〇勉強しなかった人は価値が無い

という例え話をすれば
わかりやすいかもしれません。

このYORISOIは、
何か、

〇必ず幸せにならなければ、
〇勉強しなければ
〇元気にならなければ
〇気づきが起きなければ

という場所では無いという事です。
仁さんは一度もそんな風に誰かに
言う事はありません。

〇何者になってもいい
〇何者にもならなくてもいい

と必ず伝えていきます。
つまり、全員、たちまち既に絶対的有価値があり
どのような状態であれ、無関係という事です。

YORISOIは、そもそも、
ネガティブを吐き出す場所のために
作りました。

そのため、何度でも、深夜何時であっても
どのような投稿でも大丈夫です。

吐き出す事で
バランスを保つ事が出来る場所を
作りたかったからです。

また、今苦しくても
YORISOIに投稿した後にスッキリして
自宅でテレビを見ながら

ポテトチップスを食べる人も
いるかもしれません。

ネガティブな投稿は
その人本人が、絶対的価値のあるその人が
選んだアクションであり、

それは尊重する事です。

ネガティブな投稿がダメ
ポジティブな投稿が良い

という考え方は、
【ありのままの世界を否定】している事と
同じです。

世界はいつの時代でも悲しい出来事
苦しい出来事、残酷なあってはならない出来事が
あります。
もうそれは見るに耐えられない事です。

しかし、では、
そのような出来事があった人は
残酷な出来事が起きた方は

【2度と幸せになってはいけないのか?】

違います。
各自それぞれが、何故かわからないが
このYORISOIにやってきてくれた。

聞けば聞くほど
読めば読むほど、言葉を失うレベルの
残酷な出来事ばかりが毎日毎日
投稿されます。

しかし、仁さんは言う。

「良く今日まで頑張って生きてくれた」
「ここは安全だから。大丈夫だ」

これだけです。
後は、仁さんは時間のある時に
コメントなどで、質問や鏡になってあげる文章を
投稿をしたりします。

苦しみの内容は、全て吐き出してください。
YORISOIは、そういう場所です。

ここが無くなったら
YORISOIが無くなったら
いったい、どのくらいの方が
迷子になってしまうのか。。と感じます。

吐き出す事でバランスを保てるならば
もうそれだけで、十分なのです。

生きてくれているだけで十分なのです。

これからも、YORISOIには
新しいメンバーが参加してくれると
思います。

今のところ締め切りなどは
するつもりはありません。

つまり、YORISOIという場所は、

だんだんポジティブ投稿が増えて行く場所では無いという事です。

何か目的や
何か義務や
何か〇〇しなければならない場所
では無いという事です。

YORISOIに吐き出し続ける。
ありのままでいられる
みんながいる
仁さんが鏡になる

この繰り返しで、
ネガティブが少しでも、解放された時に

【自分で自分を取り戻すチカラを出してくるきっかけ】となる場所がYORISOIです。

風邪で、体調が悪く、化粧も出来ない、
オシャレも出来ない経験を誰もが
経験をした事があるかと思います。

その姿を誰にも見られたくない
元気になったら、お出かけするけど、
ボロボロな状態では、お出かけ出来ないという経験は、誰もがあるかと思います。

この社会は、いわゆる

普通の人
一般的な人
たくさんの人
大多数派

の方達で、形成されています。
これは、抗う事が出来ません。

何をどうお祈りしても
何回神社に行っても、

この社会は、大多数派で、形成されている事は、抗う事が出来ない事実です。

私達少数派にとって、
とても生きづらいのです。

では、少数派は、幸せになってはいけないのか?

違います😌

私達少数派も、無条件でたちまち絶対的な有価値があります。

さらに、世の中の、芸能人、成功者、社長連中のほとんどは、私達と同じ少数派です。

今成功しているであろう方々も、
当然誰にも知られていない、地獄の日々が
あったと思うのです。

このYORISOIは、地獄を生きた、何とかギリギリに生きてくれた人が、
辿り着いた、安全な場所でありたいのです。

つまり、ネガティブ投稿は、
減るべきでは無いという事です。

もし、仁さんが、

「いつまでネガティブ投稿しているの?」
とネガティブ投稿を制限を、かけてしまうと
苦しい吐き出しが出来なくなり、
バランスを保つ事が出来なくなり、

【命に関わるレベルに】なる可能性があるという事です。

つまり、

ネガティブな投稿は、
減ってはならないのです。

ネガティブな投稿が減るという事は、
吐き出しが出来ない場所になっている
という事です。

それでは、YORISOIという場所は
意味が無くなります。

ポジティブ投稿だけをするYORISOIは
YORISOIではありません。

ポジティブな投稿だけしか無い状態は、
みんなご存知の、facebookやインスタだけで十分です。

本当の自分を隠し
泣きながら苦しみながら
ポジティブな写真をアップする、偽りのSNSは、もうみんな経験してきたはず。

YORISOIは、そうなってはいけません。
全ての、ネガティブもポジティブも、
裏も表もありのままでいられる場所。

だから、ネガティブな投稿は減ってはならないのです。

ネガティブ投稿は
【頑張って生きてくれているという証明】
なのです。

これからも、YORISOIメンバーは
増えていくと感じます。

ネガティブも
ポジティブも
全てありのままで良い。

安全な場所にするために、
みんな1人1人が、今日の私の記事の内容を
理解していてください😌

但し、注意事項があります。

苦しいタイミングは、
他人のネガティブな投稿を読んだ時に
【ネガティブが移る】事があります。

これが、YORISOIの唯一のリスクです。
ようやく、ガムテープと向き合っている時に、楽な日が現れた時に、ネガティブが移り、自分自身が苦しくなる事があります。

これは、まだ境界線が出来ていないという証明です。その時は、なるべく、ネガティブ投稿を見ないようにします。

ポジティブ投稿だけを読み、
気分が良い日だけ、ネガティブ投稿を読むという、自分自身のコントロールをお願いします。

以上です。

【もう1つのYORISOIの効果】

【もう1つのYORISOIの効果】

YORISOIのコンセプトは
ネガティブな感情を吐き出す事にあります。

生きづらい方達が、大多数の方々に否定され
拒否され、無価値に扱われ、心がバランスを崩します。

とにかく吐き出す事。
これが非常に重要です。

ネガティブな感情は吐き出す事で
楽になります。

ただ、今の日本では吐き出す場所が
無かっただけです。

吐き出す事が出来たとしても
正解か不正解かを常に審判され
結局また傷ついてしまう

というのが今の日本の現状です。
そのために、自由に吐き出す。
何を吐き出しても許される。

そんな場所がYORISOIです。

さらに、もう1つの効果があります。

■他者の感情を知る事で自分を知る

精神的に苦しむ時は、なかなか人間関係を
作れなかったり、本音で他人と話せないタイミングに
ある方が多いです。

それは孤独感にも繋がり、
さらにネガティブな感情が湧き出します。

私は5年間カウンセラーを続けて来て
実感している事があります。

それはネガティブな状態の時の言葉の
特徴です。

仁さんにメッセージを下さる方は
自分自身が主役として、たくさんの
感情をメッセージしてくれます。

しかし、仁さんからすれば
同じ言葉をメッセージする方が
たくさんいるのです。

起きている出来事や、悩み苦しむ登場人物は
各自それぞれ異なりますが、

仁さんにメッセージをくれる
内容は同じ言葉でした。

もちろん私は心の仕組みを知っていて
その理由を理解しています。

このYORISOIの中であらゆる方が
吐き出す感情の内容が自分と感じている感情と
そっくりだった場合。

それは「気づき」が起きるチャンスと
なります。

自分の事は見えません。
他人の事はまるみえです。

この世界は鏡のように
出来ていて、

自分の事はぜんぜんわからないけど
他人の事は手に取るようにわかるように
なっています。

つまり、YORISOIの中にいるメンバーの
吐き出す投稿を見る事で、

自分の感じている感情を
見つける事が出来て、

「あ!この人私と同じだ!」
と気づき、答えがわかる事があります。

また、認定受講生がコメント投稿を
していた場合、そのコメント投稿が
「気づき」が起きるヒントになる場合も
あるかと思います。

これこそが、YORISOIのもう1つの効果です。

【メッセージ機能について】

【メッセージ機能について】

今回の新YORISOIは
チャット機能をつけました。

これは、グループ機能などに
よって、様々なコミュニケーションが
誕生し、その流れで

1対1で直接連絡を
取る事もあるだろう
という事を踏まえての実装です。

そのため、大いに
メッセージ機能を
使って頂きたいと思いますが

こちらも注意事項です。

【必ず適切な距離感を保つようにして下さい】

精神的に苦しい状態の場合
コメントをくれたり、いいねを
くれたりすると

とても嬉しいです。
【優しくしてくれてありがとう】
と感じます。

自然な事です。

しかし、同時に
自分自身のネガティブな感情を
埋めて欲しくなり

【依存関係】になろうという
アクションが起こります。

それも自然な事です。

YORISOI以外の生活において
恋愛や仕事関係での
それはよくある事であり
自然な事です。

しかし、ここは
精神的に苦しい状態の方が
集まった特別な場所です。

だれかにかまって欲しいけど
無理に距離を近づいて欲しくない

という感情があります。

そのため、
直接のメッセージ機能の使用については
十分に注意してください。

さらに
【未成年者メンバー】については
さらにデリケートです。

本来、YORISOIメンバーを守るために
構築した場所が、

誰かを傷つける事になったり
するならば

何か事件になってしまうならば
私はYORISOIを作った事を

後悔します。

そんな事は一切あっては
なりません。

大きなコミュニティになれば
なるほど、人々は自由に
繋がりを持ちます。

それは自然な事であり
私としても嬉しいことです。

しかし、
何か傷つける事になったり
するならば
それは、望みません。

基本的にメッセージ内容は
事務局から見る事はできません。

しかし、何か問題が起きたり
事件になったりすれば

HTMLプログラム内を
解体し、メッセージ内容を
確認する事は不可能ではありません。

今回の新YORISOIは
メッセージ機能をつけていますが

その使い方には
十分に十分に注意してください。

【名指しでの攻撃投稿は一切禁止】

【名指しでの攻撃投稿は一切禁止】

YORISOIには、精神的に苦しい状態の方が
参加してくれています。

これは、これを読まれている
みんなもわかる事だと思いますが

精神的に苦しい状態であればあるほど

非常に繊細です。
非常にデリケートです。
たった一言が命に関わります。

そのため
YORISOIメンバーへの

●攻撃投稿
●誹謗中傷
●悪口
●批判

などを一切禁止とします。

私達は各自それぞれが
価値のある特別な存在であり

主張する事、発言する事、
仲良くする事、思う事
があります。

それを自由に投稿して大丈夫です。

例えば、自民党の安倍政権の批判とか
はぜんぜん大丈夫です。

例えば、ご自身の母親や父親への怒りの
記事は大丈夫です。

こういった、YORISOIメンバーには
関与しない方への怒りの感情は
もちろん大丈夫です。

しかしながら
【メンバーへの名指しでの怒り】
については

一切禁止とします。

どうしても

迷惑なコメントを
する方

不愉快な記事を投稿する方
などについては

ブロック機能を使って頂き
YORISOI事務局に通告してください。

調査をした上で
アカウント停止に致します。

私達は少数派であり、
繊細であり、非常にデリケートです。

そのため、
【適切な距離感を保つ】事が
出来れば、

YORISOIは常に
みんなの安全な場所になります。

宜しくお願い致します。

【ブロック機能について】

【ブロック機能について】

今回の新YORISOIは
ブロック機能が実装しています。

本来必然は無かったのですが
新YORISOIを使う目的が
様々なグループ機能を使いたい方も
おられると思います。

その中で、必然の無いコミュニケーションを
取りたくない方も現れると思います。

そのために
一応ブロック機能を
実装しています。

しかしながら
このYORISOIという場所は

精神的に苦しい状態の方が
集まる場所です。

苦しんでいる時の
出来事の受け止め方は
本当に様々です。

1度のブロックをされた事で
【自分の存在が否定】されたと
感じてしまう方がいます。

なので、ブロック機能は
なるべく使用を避けて頂きたいのが
私の本音ではありますが

今後、新YORISOIに
たくさんのメンバーが参加してくることも
予想出来ます。

また、NAMIDA投稿、SHIAWASE投稿
など以外にも機能があるため

投稿内容も様々なスタイルになり
その中で

YORISOIメンバー全員が
気が合うとは限りません。

気が合う人もいれば
気が合わない人もいます。

それは自然な事です。

なので、
【無理に仲良くする必要もありません】

ブロック機能を使う事で
必然以上に、時には存在を否定されたと
感じてしまう事もあると
十分に理解しながら

ブロック機能を
使うようにして下さい。

【つぶやき機能とブログ機能】

【つぶやき機能とブログ機能】

基本的には
つぶやき機能のみでも十分に
活用できるようになっています。

Facebookで言うところの

つぶやき機能(通常の投稿)
ブログ機能(ノート保存)

のような感じになります。

どちらの機能を使って頂いても
大丈夫です。

ただ、ブログ機能については
Wordpressというブログプラットフォームを
使用しており、

ウエブサイト作業が苦手な方には
少し複雑かもしれません。

これは各自の自由に
扱うようにして下さい。

NAMIDAとSHIAWASE

【NAMIDA投稿とSHIAWASE投稿について】

旧YORISOIでは

【ネガティブな感情を吐き出す】
聞いてください
教えてください
その他
の内容をNAMIDA投稿にしていました。

さらに

【気づきが起きた事嬉しい事】
嬉しかった事
気づき
その他
の内容をSHIAWASE投稿にしていました。

ある意味、旧YORISOIは
たったこれだけだったのですが

新YORISOIは
少数派の方のための本当の居場所
を目指します。

そのために
グループ機能、つぶやき機能、
シェア機能、チャット機能、ハッシュタグ機能
リツイート機能、いいね、コメント
などを実装しました。
ある意味Facebookとほぼ同じです。

なので、人によっては
NAMIDA投稿、SHIAWASE投稿以外の
活用をされる方も増えてくると思います。

しかし、本来のYORISOIの目的は
どこまで行っても

【ネガティブを吐き出すための】安全な場所です。

メインのコンセプトは
旧YORISOIと同じです。

現在精神的に苦しい状態にある方が
誰にも話せなかったことを
何度でも、どのような内容でも
吐き出し続ける事が出来る場所

それがYORISOIです。

旧YORISOIでは、
NAMIDA投稿とSHIAWASE投稿
しかありませんでしたが

新YORISOIは様々な機能が
あります。

そのため、どの記事や、どのつぶやきが

吐き出しなのか?
気づきなのか?

を見分けるために
各自は

ハッシュタグを使うように
して下さい。

ハッシュタグは
言葉の左側に

#をつける状態です。

このハッシュタグで
#NAMIDA
#SHIAWSE

とつけるようにして下さい。
そうすることで

記事や、つぶやきが
しっかりと【整理】されていきます。

また、毎回ハッシュタグを
わざわざ打ち込まなくても

ハッシュタグ検索機能が
実装されており

#NAMIDA
#SHIAWSE

で検索すると
つぶやき欄に自動的に

#NAMIDA
#SHIAWSE

が追加された状態で
つぶやきが出来るようになっています。

アプリに出来ます

【YORISOIをアプリ化出来ます】

今回新YORISOIを構築するにあたり
どうしてもアプリ化したいと
考えていました。

しかし、実際に、中身をアプリ化するには
非常に大きな資金が必要となり
悩むところではありました。

■PWA という素晴らしい技術

今現在スマホのアプリは

iphoneであればapple storeへの審査
androidであればgoogle playへの審査

が必要です。
その審査が通過しなければ
アプリをリリースする事は出来ません。

しかし、わざわざ審査をする必要もない。
例えば、

(企業が会社の社員だけにしか使わせない)
などの小規模の場合

わざわざ審査をして、世界中に公開する必要もありません。

そのために開発された技術がPWA
と言います。

■PWAとは?

PWAとは、ウエブサイトをアプリ【みたいに】
見る事が出来る技術の事を言います。

わかりやすく言うとブックマークです。
旧YORISOIメンバーは
各自、ブックマークして使っていたかと思います。

今回の新YORISOIは
ブックマークをする事でアプリ化するという
優れものです。

なので、イメージは

ウエブサイトとして閲覧しても良いし
アプリ化して使用しても良い

という事が出来ます。

アプリ化した場合は
上部にウエブサイトアドレスが表示されないように
なります。
(アプリはhttp://~などのURLは見えないはず)

また、アプリ化する事で
オフラインでも使用出来る部分もあります
(基本的にはオンラインで使用して下さい)

という事で、
一応、YORISOIはアプリ化しました!

と言っても過言では無いと思います。

今後
新YORISOIを使用される方は

ウエブサイトとしても
アプリ化してもどちらでも大丈夫です。

アプリ化する方法は
下記のサイトです。

ようするにブックマークです。
https://shopy.mobi/app/182